目のシワはアイクリームの出番です|気になる悩みにうってつけ

洗顔は落とすこと重視

ソープ

使いやすくなる

肌の良し悪しは「洗顔石鹸」で決まります。洗顔で化粧品の浸透力が左右されるので、化粧品を選ぶことよりも大切と言えます。乾燥するからと言って保湿性に重点をおく人もいますが、それは間違いです。洗顔石鹸は、いらない皮脂や毛穴に詰まった汚れを落とすことが目的です。保湿のことに関しては、そんなにまで神経質になることはありません。「洗浄を重視する」ことを考えると良いでしょう。そうかといって、洗浄力が強すぎてしまうのも良くありません。強すぎず弱すぎない商品を購入します。洗顔石鹸は小さくなると使いにくくなり不便です。そんなときは電子レンジで数秒間温めてみます。石鹸が膨張して何倍にも膨れ上がり、泡立てやすくなります。

香料も良くない

「洗顔石鹸」は、炭やレモングラス、ローズマリーなど、自然素材を使用した商品が人気です。科学的な成分は今すぐに出なくても、いつかはシミやくすみ、シワになって出てきます。肌が健康でいられるためにも避けるのがベストです。「香料」が使用された商品も、実は知らずのうちに肌に大打撃を与えています。良い香りで選びたいなら、ハーブが主成分の商品が最適です。自然やさしい香りが心を癒してくれます。洗顔石鹸は、体温より少し低めの温度で使うのがベストです。お湯の温度が高すぎると、皮脂が落ちすぎてカサカサに乾燥させてしまいます。泡をつけるときは、顔の中心から外側に向けてつけます。タオルが清潔であることも重要なところです。